ドローリーフテーブル

イギリスで16世紀ころから作り始めたといわれるの伸張式のテーブルです。伸張部分「leaf=拡張板」を引き出して「draw=引っ張る」使うことからドローリーフテーブルと言われています。

伸張式テーブルの構造はいくつかありますが、現代の主流は金具を使う方法だと思います。そして、その伸張するという構造上無垢材を使って作ることでの反りなどのリスクを考えると、ほとんどが突板を使って作られています。
ソルンテが伸張式テーブルを作りたいと考えたときに、なるべく金具は使わない。無垢で作れるものを。という想いでこのドローリーフテーブルを何とか無垢板で作れないものか・・・ということでした。

それから約5年色々な改良を重ねてきましたが、ここまででたどり着いた考えは、「無垢なんだから多少の反りはしかたない。それがテーブルとしての使用を著しく損ねるものでなければそれは木の良さ。そう思って木と付き合っていただける方にはこの機能的でシンプルな構造のドローリーフテーブルをぜひおすすめしたい!」ということでした。

定番の天板は25厚の無垢板を使用して、反りを抑えるために底面に鉄プレートを埋め込んで制作しています。伸張した時にテーブル全体の木目がつながるところも無垢板ならではの良さです。たまのホームパーティに、普段はコンパクトに使用していたいという方にはぜひご覧いただきたい家具です。

ドローリーフテーブル

  イギリスで16世紀ころから作り始めたといわれるの伸張式のテーブルです。伸張部分「leaf=拡張板」を引き出して「draw=引っ張る」使うことからドローリーフテーブルと …

二本脚のドローリーフテーブル

  ドローリーフテーブルは天板の下に伸張部分のテーブルが収納された機能的な伸張式テーブルです。伸張部分(リーフ)を引き出す(ドロー)様に使うことからこの名前がついています …

二本脚のドローリーフテーブル

  ソルンテ定番のドローリーフテーブルに二本脚タイプができました。二本脚のテーブルのメリットはテーブルの脚が座った時に邪魔しないこと、ベンチを組み合わせた時に座りやすいこ …

ドローリーフテーブル・ロータイプ

  通常のドローリーフテーブルよりも厚みのある30㎜の天板で制作をしました。天板に合うように脚も太めに丈夫に制作しています。 天板を広げたときには、天板の厚みも気にならず …

ドローリーフテーブル・ロータイプ(スクエア)

  洋室にも和室にも合う、便利な伸張式のローテーブルです。 片側300㎜の伸張なので、800㎜のワイドを必要に応じて1100mm、1400mmとサイズアップできます。 伸 …

furniture / 家具

kitchen / キッチン

komono / 小物